ごうだ歯科医院での治療料金表や医療費控除のご案内

料金表Price list

保険治療の治療費の目安

小さい虫歯のみ
削ってつめる

<材料>
●白い詰め物
( プラスチックの固い材質)
1,000 ~ 1,500円

抜歯

(1 ~ 3 番目)1,500円前後
(4 ~ 7 番目)2,000円前後
(親知らず)4,000円前後

虫歯を削って
型取りをして
金属をつめる

<材料>
●金属
2,300 ~ 2,800円
(奥歯は3,500 ~ 4,000円)

歯の神経
の処置

<前歯>2,000円前後
<奥歯>3,000円前後

大きな虫歯を治
療して型取りし
てかぶせる

<材料>
●(1~3番目)金属+白い詰め物 7,500円前後
●(4~8番目)金属または白のプラスチックのかぶせ
※4.5番目のみ保険適用(3本分の歯の場合)
6,000円前後
●4.5番目のみ白のかぶせ 10,000円前後

入れ歯

<部分入れ歯>
5,000円(歯の本数による)
<総入れ歯>
約10,000円

保存不能の
歯を抜歯

ブリッジを入れる
(3本分の歯の場合)

<材料>
●金属
(1~3番目)23,000円前後
(4~8番目)15,000円前後

矯正

診断料3万円
小児マウスピース矯正 30万円(※1) +調整料5000円/月
※1.2020年1月から40万円に変更となります。
ブラケット治療 75万円(※2) +調整料5000円/月
※2.2020年1月から85万円に変更となります。
(インプラントアンカー使用の場合、6万円/2本)
プチ矯正 4万円~30万円 (インビザライン含む)
マウスピース矯正(インビザライン30万または70万円 +月5000円 
舌側矯正 140万円+調整料5000円/月

診断料は 1回のみ レントゲンなど、その他費用は一切かかりません。
インビザラインのシュミレーションを含む、相談は無料  矯正は医療費控除の対象

インプラント
※医療費控除対象

診断料… 10,000円(模型作成費、CT撮影費、シミュレーション費を含む)
※初回、1本目のみ費用が発生します。
手術料… 240,000円/本(※3)
※3.2020年1月から270,000円に変更となります。
(歯を失った数だけ必要なわけではありませんのでご相談ください)
GBR・ソケットリフト…100,000円/本
サイナスリフト…300,000円/片側
上部構造(かぶせもの)…53,000円~133,000円/本
オーバーデンチャー…400,000円
ミニインプラントオーバーデンチャー…6万円

ホワイトニング

ホームホワイトニングスタートセット ジェル2本付き 21,000円
ホームジェル追加(ジェルの濃度は11%16%21%の3種類) 1本 4,000円 2本 6,000円
オフィスホワイトニング 2クール 10,000円
スペシャルホワイトニング 3クール 15,000円
NBペースト 1本 2,500円
ウォーキングブリーチ(別途 補綴代が必要) 1回 3,000円
トレー再製 片顎 5,000円

※各種保険治療(全国一律)を使用した場合の目安です。(3 割負担の為)
※保険改定に伴い変更となることがあります。
※患者さまの状態により前後することがあります。

お支払い方法

インプラント:CT 撮影時に診断料をお支払い頂きます。
手術時に手術料と骨造成が必要な場合、その費用を頂きます。治癒期間の後、上部構造装着時に上部構造の費用を頂きます。
自費利用に関してはクレジットカードのご利用が可能です。場合によって36 回まで分割手数料無料のデンタルローンをご利用頂けます。
※ホワイトニング、保険治療はデンタルローンの対象外です。

医療費控除について

医療費控除とは…

自分、又は自分と生計をひとつにする親族※が、前年中に支払った医療費(各種医療機関での保険診療やインプラント等の 自費診療の総額」)が一
定の金額を超える場合、医療費控除として所得から差し引く事ができ、確定申告をする事で税金の 還付を受ける事が出来ます。
※インプラントにかかった治療代は医療費控除の対象になります。
医療費の総額ー保険などで補填された額ー※所得税の5% もしくは10 万円=控除額

手続きについて

控除を受けるには、病院や医院による領収書等を確定申告書に添付するか、確定申告書の提出の時に提示する必要があります。

また、医療費の支払い先が多い場合や、支払った医療費が高額な場合は、医療費の明細書もあわせて添付するか提示する必要があります。
国税庁HP 医療費控除についてもご参照ください

例)生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など

(注)保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。
※ 所得額の5%もしくは10 万円(どちらか少ない方)