ごうだ歯科では「できるだけ削らない」「神経を取らない」「歯を抜かない」をモットーに虫歯の治療を行っています。

虫歯治療Caries treatment

虫歯は自然に治ることがなく、治療をしたとしても二度と元の歯には戻りません。 虫歯はなってすぐは痛みを感じず、痛くなってからは虫歯が酷くなっていることが多くみられます。 だから、早期発見、早期治療がとても大切です。「痛くないから大丈夫」というのは大きな間違いです。

いつもニコニコ、わかりやすい説明! お口の健康を通して笑顔あふれる歯科医院

出来るだけ削らない・
神経を取らない・歯を抜かない
天然歯を大切にした治療をしています。

初診では治療の内容をわかりやすく説明し、ご納得頂いてから治療をします。
すべての段階において
「今ある歯を大切に、なるべく削らない治療」
「痛みの少ない治療」
を基本にしています。
むし歯治療や歯周病治療など、一般的な治療の
多くが保険の範囲で行うことができます。
また、ごうだ歯科グループでは虫歯の早期発見のための定期検診も行っています。

ごうだ歯科グループの虫歯治療の特徴

「今ある歯を大切に、なるべく削らない治療」「痛みの少ない治療」を

  • 表面麻酔

    無痛治療の基本は、麻酔をしっかりと打つことです。 しかし注射針を用いる以上、打つ際にどうしても 「チクッ︕」とした痛みが発生します。 それを緩和させるために、ごうだ歯科 グループでは麻酔注射を打つ前にゲル 状の麻酔液をまんべんなく患部に塗り、 針の痛みを抑えます

  • 極細の注射針(33G)

    表面麻酔に欠かせないのが注射針。 注射針が太いと、感じられる痛み も強まる可能性が出てきます。 そこで少しでも痛みを軽くする ため現在の日本で流通している 中では最も細い針を使用してい ます。

  • 電動麻酔注射

    人の手で注射を行うと、手元が狂ったり 急激に麻酔液が入ってしまったりと、痛みのリスクがあります。 しかし当グループの注射は手動ではなく電動です。 ですので安心して麻酔を受けられま す。またゆっくり均一に麻酔液を投 与することで痛みをおさえられる効果 があります。

  • 超極細ドリル

    太めのドリルばかりに頼っていると、 どうしても削られる量は増えてしまいます。 当グループでは余分な歯を削ってしま うことがないように、 細いドリルを採用しています。これで 健康な歯を残し、虫歯だけを確実に削 ることができます。

う蝕検知液

う蝕検知液とは、虫歯治療の際に使用される薬剤で、虫歯の部分のみを赤く染めるものです。
虫歯治療をする上で一番大切なのは細菌に感染した歯質を完全に除去することです。なぜなら、虫歯を取り残すと、治療した歯がもう一度むし歯になってしまうからです。
虫歯をどこまで削るのかは目に見えません。ですので通常は虫歯の硬さを頼りに、軟らかくなった部分を削っていきますので、削りすぎてしまったり、虫歯部分を残してしまう危険性もあります。
しかし、う蝕検知液を使うと、細菌に感染した取り除くべき部分が赤く染まりますので、どこまで虫歯を削ればよいかの目安になります。健全な部分を削ることなく、今ある歯を大切に、なるべく削らない治療が可能になります。

ドックスベストセメント

ドックスベストセメントとは、アメリカで開発された銅セメントを使った 歯科治療法のことです。銅の殺菌力を利用して、虫歯を滅菌します。 当グループではこのドックスベストセメントを使い、歯を削らない治療も 取り入れております。ドッグスベスト セメントを使用することで、虫歯菌 の部分をほとんど削り取る必要性はないので、大事な歯を極力削らないで 治療することができます。むし歯を削らずにセメントを詰めるだけで虫歯 治療を行います。(適応症例が限られますのでご相談ください)