ごうだおとなこども歯科では、お子様からお年寄りまで、皆さんが安心して通っていただけるような地域の総合歯科医院を目指しています。

 当院では、一般歯科から、小児歯科、口腔外科、予防歯科、審美歯科(ホワイトニングやラミネートベニア)、インプラント(人工骨造成など の難症例まで)、訪問歯科、矯正歯科など、さまざまな治療を取り扱っております。

むし歯治療や歯周病治療など、一般的な治療です。これらの治療の多くが保険の範囲で行うことができます。歯周病や歯肉炎などは、早期対応としての治療計画を立て、指導させて頂きます。

また、当院では虫歯の早期発見のために、定期検診もおこなっております。

口腔外科(こうくうげか)とは、口腔(口のなか)、顎(あご)、顔面などに現れる先天性および後天性の疾患を扱う診療科です。

院長が口腔外科出身であるため、顎関節症や親知らずの抜歯、できもの、口内炎など、あらゆる症例に対応します。また、香川労災病院とも連携しています。

専門的な訓練を受けた歯科衛生士が担当させて頂きます。

小さな異常が大きな異常になってしまわないよう、早期発見・早期治療に定期検診の受診をおすすめしています。

また、治療後のかぶせもの・入れ歯などの維持管理を行え、長持ちにもつながります。

バイオフィルムとは

口に中はどんなにきれいにみがいても細菌がすんでいます。

その細菌は私たちと同じようにごはんを食べ、うんこをします。そのうんこがねばねばした膜となって歯の表面に張り付きます。

これをバイオフィルムといいます。

このバイオフィルムにさらに汚れがつき、むし歯が進んだり、歯石となり、歯周病が進行します。

これを防ぐにはどうしたらいいか?

細菌にえさを与えない。つまり毎日の歯みがきをしっかり行います。

バイオフィルムは歯みがきではとることができません。

歯科医院で器械を用いて、表面を磨きあげます。その後、フッ素をぬり、再びつくのを予防します。(PMTC)

このバイオフィルムが形成され、悪さを始めるのが約3ヶ月です。

したがって3ヶ月ごとにPMTC(定期検診)を行うことが重要です。

だんだん歯が黄ばんできた、笑った時に銀歯が見えて気になって笑えない、歯茎が黒ずんできたetc。健康的な輝く白い歯は心までも豊かにします。

審美歯科とは歯の機能面だけでなく、見た目も追求した治療法です。

小さい虫歯、昔の小さい銀の詰め物(アマルガム)

コンポジットレジンという保険のきく材料で白くすることが可能です。

大きなむし歯、銀のかぶせ物

ハイブリッド、セラミック、オールセラミックで治療することができます。

ラミネートべニア

歯の変色、歯の形態修正のために歯の表面に薄いセラミックを貼り付けます。

治療回数が少ないこと(2回)、歯を削る量が少ないこと、麻酔をしなくても痛くないこと、がメリットです。

他の治療法に比べるとやや外れやすいのが欠点です。

中等度のむし歯、部分的な銀歯

ハイブリッドインレーで治療することができます。

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯の一種ですが、金属を全く使わないのが特徴です。

柔らかな素材を使用しているため使用感が良く、歯茎と同じピンク色なので目立ちにくく、審美的にも有効です。

しかし素材の特性上約3年ほどで作り直さなければならず、入れ歯ではありますが保険の対象外という金銭的なリスクもあります。

当院ではデュアルホワイトニングという方法で、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用してできるだけ短期間で痛みなく、充分な白さが得られるようになりました。

歯の変色には以下の2つがあります。

・コーヒー、お茶、タバコなどによる外来性の着色

・加齢による歯自身の変色

着色は歯ブラシでとることは難しいですが当院にて行っている機械によるクリーニングできれいにとることができます。

クリーニングは保険の対象となり、クリーニングだけでもかなりきれいになります。変色はクリーニングした後も残った歯、本来の色です。ホワイトニングの適用です。

ホワイトニングとは薬で歯の漂白を行うことです。歯に悪い影響はありません。

治療の順番としては、まずトレーを作製します。あとはご自宅で毎晩寝る時にトレーの中に薬液をいれ、それをつけたまま寝るだけです。時々、薬の濃度調整のために来院していただきます。効果は2~3週目からでてきます 。

当院ではホームホワイトニングにオフィスホワイトニングを追加して、短期間で白くするコースもご用意しています。また、後戻りが始まった後も、オフィスホワイトニングをすることで効果をずっと持続させることができます。

保険がきかないため自費扱いとなります。

インプラントとは、歯が抜けてしまったところに埋め込む人工の歯根のことです。 チタン製の人工歯根を骨に埋め込み、その上に歯を装着する治療法です。

入れ歯と比べて『自分の歯』としてしっかりものを噛めるため、近年人気の治療法です。

インプラントのメリット

インプラントの
メリット

歯を失ったときでも隣の健康な歯を削らずに歯を入れることができます。

入れ歯の方は取り外しの必要のない自分の歯のような感覚がよみがえります。

審美的で自分の歯とほぼ同じ感覚が得られるので、しっかりとかめ、美味しく食事ができます。

インプラントのデメリット

インプラントの
デメリット

インプラントの土台を入れた後、歯が入るまで1.5~4ヶ月の治癒期間が必要です。

100%の成功率ではありません。骨とのくっつきが悪い場合は再度手術が必要になることがあります。
(再手術の場合、また、他の治療に変更する場合の費用は無料です。)

保険がききません。

当院では、プチ矯正、マウスピース矯正、小児健康矯正、見えない裏側矯正などを行っています。かみあわせや歯並びを良くすることは、見た目はもちろん、体のバランスにも影響を与え、健康にもつながります。

当院の豊富な治療経験と、しっかりとした検査やカウンセリングで、安心して治療をお受けいただけます。

また、当院では子どもの矯正に力を入れています。子どもの矯正は、大人の矯正とは桁外れに綺麗に治ります。

早期に矯正を始めますと、歯並びが悪くなる大元の原因から治すことができます。

当院では、歯医者に行きたくても 来られない方たちの重要性をを考え、『歯医者に来られない方たちのお宅へ伺って治療を 行う訪問歯科診療』をしています。

訪問歯科医療

寝たきりやお体が不自由な方のための診療往診サービスです。

患者様の状態に合わせた、安心治療

①歯医者がご自宅までお伺いします。

②ご家族も同席できるので、安心して受けられます。

③患者様のご状態に合わせた治療ができる機器を使います。(自宅でも十分な治療が受けられるポータブル機器)

費用について

訪問歯科の治療費用は、医療保険や介護保険などの保険診療が適応されます。また、交通費なども一切かかりませんので安心してご利用いただけます。
自費診療につきましてもご希望がございましたら対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

※料金・治療期間などは、お口の状態によって異なります。
※医療保険と介護保険の自己負担が、同時に発生する場合があります

入れ歯の定期検診をしましょう。

合わない入れ歯は、老化の進行を早めます。

理由その1 食べる楽しみを奪ってしまう。
理由その2 食が細くなればエネルギーが不足する。
理由その3 口を動かすたびに苦痛があれば、食べたり話したりできなくなる。

入れ歯は、あごの骨や歯肉、歯の状態の変化でぴったり合っていた入れ歯もだんだん合わなくなります。

半年~1年に一度は入れ歯の定期検診を受け、違和感を感じたら歯科医に相談しましょう。

ごうだおとなこども歯科では、「医者に行きたくてもけない」という方のために「無料送迎サービス」をおこなっております。

通院が困難な患者様を、車椅子ごと乗れる専用車でご自宅や施設に伺い、医院で診療、治療を行ったあとご自宅や施設までお送りする歯科診療サービスです。

Q.料金は?

送迎の費用はいただきません。

費用は保険診療で、各種医療保険が適用されます。

Q.対象者は?

・要支援、要介護1、要介護2の方

・障がいをお持ちの方

・当医院より片道20分程度の範囲(約15キロ圏内)の方

ごうだおとなこども歯科では、ネットでの予約を24時間受け付ております。また、LINEで友達登録をしていただくと、いつでもお気軽にご予約いただけるのでオススメです。

WEB予約

休診日:日曜・土曜午後

LINE予約

休診日:日曜・土曜午後

土器町東(コメダ珈琲店さん横)に丸亀ごうだ歯科医院、イオンタウン宇多津内にごうだらいおん歯科があります。3医院にて連携を取りながら、診療を行っています。

診療時間も異なるため、緊急の際は、いずれの医院においても対応可能です。2か月以内の受診であればいずれの医院においても「再診」で受診可能です。